かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所 認可

小豆沢歯科は「医療安全対策に必要十分な設備と職員の配置」を行っており、厚生労働省から認可を受けた「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」となっています。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは

  • 複数の歯科医師、1名以上の歯科衛生士を配置していること
  • 医療安全対策、偶発症に対する緊急時の対応・医療事故・感染対策に関わる研修を修了していること
  • 訪問診療(往診)・高齢者の特性を踏まえた口腔機能の向上及び管理、緊急時の対応に係わる研修を修了していること
  • 訪問診療・歯周病治療終了後の定期的サポートケア、被せ物の維持管理、定期的に患者さんのお口の中の状態を説明していること
  • 緊急時の対応に必要な体制が整備されていること
  • 地域で在宅医療を担う連携体制が整備されていること
  • お口の中で使用する医療機器等について患者さん毎の交換や機器を用いた洗浄、滅菌処理を徹底し感染症対策を講じていること
  • 治療に際し、被せ物や入れ歯の調整時飛散する、細かな物質を吸引できる環境を確保していること

2017年5月1日現在 東京都内10,558歯科医療機関のうち538院所(約5%)しか認可されていません。

 

小豆沢歯科の滅菌消毒システム

洗浄、消毒、乾燥までの工程を一度に行えるドイツ・ミーレ社製のジェットウオッシャーを導入しています。

また、ヨーロッパ基準をクリアしたクラスBオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用して複雑な形状の器具も真空にして確実に滅菌を行っています。また熱に弱い器具の消毒にホロホープガス消毒器を使っています。

また器具機材の清掃、滅菌消毒などのサプライ業務を行う専門の職員もいます。

毎日これらの器具がフル回転していますので、安心して受診をしていただけると思います。

 

医療安全委員会

小豆沢歯科では毎月医療安全委員会を開催しています。医局長が責任者で毎回テーマを決めて論議、必要なことが全職員に伝達できるようにしています。

また、ヒヤリ・ハット報告は「診療向上カード」として毎週水曜日に報告しています。

医療安全講習会

2019.10.30

医療法により医療機関は、医療に係る安全管理のための職員研修を、年に2回実施しなければなりません。

小豆沢歯科では10月30日(水)の午後に、2019年度二回目の歯科全職員を対象とした、医療安全講習を実施いたしました。内容といたしましては、一つ目は過去に他歯科で起きた、抜去歯の誤飲死亡事故を検証して、どこに不備があったのかを確認し合い、小豆沢歯科での誤飲対策マニュアルを確定いたしました。二つ目は蛍光顔料入りの液体を手全体に塗った後に、各自しっかりと流水で手洗いを行い、汚れの落とし残しがないのかを、ブラックライトを使ってチェックいたしました。

今後とも職員一同、患者さんに安全、安心の医療を提供できるよう研鑽に努めてまいります。

 

防災訓練

2010.11.17

東京消防庁志村消防署の指導を受けて防火訓練を行いました。

新築移転して初めての全体的な訓練です。消防署員の監視のもと緊張感もありましたが、初期消火・通報・誘導など事前に役割分担し、打ち合わせもきっちりと行ったのでスムーズに進める事ができました。

最後は実際に消火器を使った消火訓練を行いました。

終了後は消防署員の方からご講評をいただきました。いくつか注意点も指摘されましたが、おおむね高い評価をいただき、ホットする一日となりました。

 

 

 

志村消防署の指導で防火訓練
防火訓練

救急蘇生実習

2007.7.18

小豆沢歯科の全職員で救急救命処置の訓練を行いました。講師は小豆沢病院の吉川医師。万が一、治療中に患者さんの容態が悪くなったような場合いどう対応するか、みんな真剣に実習を行いました。

 

救急蘇生実習
救急蘇生実習