オーラルフレイル院内学習会

2020/6/3

オーラルフレイルフレイルの院内学習会を行いました。

舌圧計で舌の力強さを測定し、舌の動きの程度を「パ・タ・カ」の発音で評価しました。

特殊なグミを用いた咀嚼能力検査など、口腔機能にちなんだ検査の実習を行いました。

定期的なメンテナンス中に来ていただいてる方で、65歳以上の対象となる方にお声掛けしていきます。6月より口腔機能低下症を診断するための検査に取り組んでいく予定です。

新型コロナ感染症対策

2020/05/01

小豆沢歯科では新型コロナウイルス感染症に対し防護対策を取っています。待合室では手指消毒薬の設置、椅子の配置転換、受付のスクリーン、給水器使用中止や絵本、雑誌の供覧中止などの対策を行いました。診療室でもフェイスシールドの使用、ビニールエプロンやキャップの使用など様々な対策を取っています。

もちろんこの時期に来院が不安な方は治療を延期していただくのがいいと思います。

新型コロナウイルス対応

換気のためにドアと窓を開けています。
診療室から見た換気への配慮

2020/04/07

新型コロナウイルス感染症対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言がだされました。

トップページにも記載しましたが小豆沢歯科では感染防護の体制を取りながら外来診療を継続しています。

来院に少しでも不安がある方はお電話ください。予約をキャンセルしていただいてかまいません。

 

写真は通路側のドアと窓をあけて換気を行っているところです。

板橋区歯科医師会協力4病院との合同学術研修会で訪問診療演題発表

板橋区歯科医師会広報3月号から

201909/19板橋区歯科医師会館にて「第19回協力4病院との合同学術研修会」が開催されました。4病院とは板橋区にある日大板橋病院・帝京大学病院・豊島病院・健康長寿医療センターです。

今回小豆沢歯科の依田所長が「通院困難な理由からみた歯科訪問診療患者像」として発表を行いました。板橋区歯科医師会の広報誌に記事が掲載されましたので紹介します。

今年もよろしくお願いします

小豆沢歯科は引き続き口腔機能低下症に対しての取り組みを強化して、歯の治療だけでなく口腔機能回復訓練や食の改善を通じての全身的な健康への維持・向上を目指し、「熱い想い」をもって運営したいと考えております。